チャレンジできる環境、成長できる職場。
宮崎で一番働きがいのある会社を目指して
トップが行っていくことは。

代表取締役社長  中村 忠治

創業45年を超え、地域に愛される企業としての役割。
そして常に新しいチャレンジを行う企業文化の形成。

タイコーグループは昭和46年7月に「株式会社大興不動産」としてスタートし、創業45年を超える、宮崎では老舗の不動産会社です。最初は宮崎市の神宮で、創業者個人が始めた事業であり、当初は賃貸の仲介、住宅や土地の売買をやってきましたが、20年程前には宮崎で初めての取り組みとして「賃貸管理業」(※賃貸オーナー様の代わりに経営のオペレーション全てを行わせていただく、コンサルティング業務。)を始めたりと「常に新しいことにチャレンジしていく企業文化」は当初よりありました。最近だと、インターネットを取り入れたことも同業者の中では一番早かったのではないでしょうか。今では、賃貸仲介から、住宅・土地・マンション等の不動産売買、不動産管理などのあらゆるサービスがホームページとリンクしており、特に不動産仲介の「宮崎賃貸ナビ」は宮崎のポータルサイトでトップシェアを誇っています。常に時代の先を見据えながら、お客様の不動産に関するお悩み事を「ワンストップ」で自社対応させていただける「総合不動産」として、この宮崎で45年以上もの間お客様に支えられながらやってきました。

求める人物像、
一言でいうと『良い人財』であるということ。

私たちの考える『良い人財』とは。

不動産に携わるビジネスパーソンにとっての基本的な知識はさることながら、お客様には担当者として「この人なら任せられる」と思っていただけることも基本中の基本です。だからこそ、人としての基本、人間性の向上が必要不可欠です。そのために、社内でもお互いの人間性を向上し合える様々な取り組みや、ディスカッションをしています。私が社員のみんなにも良く言うことは、人間として「やり方と、あり方」の2つを大切にして欲しいということです。それは、「なんのためにやるのか」といった基本的な「あり方」に、しっかりとした芯を持ってお客様に接していくことで、本質的な「やり方」が見えてくるという考え方です。また私共が、考える”良い人財”として定義しているのは「人に良い影響を与える人」であるということです。お客様はもちろん、後輩や同僚が見て、憧れてもらえる”メンター”のような人物を目指して欲しいと思っています。会社で、男女、年齢、仕事、関係なく、お互いに色々な出会いや成長が出来たということが重要です。幸い当社には、自慢のできる「メンター社員」がたくさんいます。新しく入ってくる新入社員さんも、社内環境には安心してもらって大丈夫です。

これからの未来について。
宮崎で一番働きがいのある会社を目指して。

近年、インターネットが勃興しており、人々の生活がもの凄いスピードで変化していっています。もちろん私たちの不動産業界も同様です。現在のITで情報を発信するという、第一フェーズから、お部屋探しそのものがインターネットでワンストップ化していくといった次のフェーズへと、どんどん進化していかなければなりません。私たち不動産業は、いかにして仕事の付加価値を高め提供していけるかが使命になってきます。IT分野との融合、資産活用のコンサルティング、金融商品、保険業などの新しい不動産業の活用を模索しなければなりません。
その様な時代の中ですが、いやそんな時代だからこそ、普遍的で大切なこともあると感じています。それは社員のみんながやりがいを持って働ける環境づくりです。私が企業のトップとしてやっていくライフワークは、社員すべてが「働きがいのある企業を創る」ことだと思っています。大事にしていることは、「自身のスキルアップ」、「人間としての成長」、またそこに、「良い仲間」、「良いお客様」がいて、お互いが良い関係で仕事をしていけることで、会社、社員、お客様、すべての人が良くなるのではないでしょうか。これが広がり、社会貢献にまで繋がっていくことが企業の使命だと思っており、これらがひとつのものとして成長していけば、企業としての歴史も育まれていくものだと考えています。私たちの経営方針のひとつである「自然増殖経営」、人が、会社が、自然に成長し大きくなっていく。そんな土壌を作っていく、そういう条件を作っていくということが大事ですから、そういった意味でも人に良い影響を与えていく努力を社員全員がそれぞれにやっていくことが重要になってくると考えています。
これから入っていただく社員さんの未来に対して、当社は私を筆頭に、全ての社員が全力でアシストしていきまので、共に社会から必要とされる『良い人財』、『良い会社』へ進化していきましょう。全社員で新しい君たちを迎えていくつもりですので、宜しくお願いします。